採用から、定着へ
今、日本が動き出す

岡本 全勝

内閣官房参与
福島復興再生総局事務局長

マチリクに、行政の盲点を教えられた

地方企業の採用。その一点だけを見れば、目新しいことではありません。大企業の誘致や、IUターンを目的とした就職フェア。これまでも行政は若者が戻りたくなるような街づくりに奮闘してきましたし、暮らしの土台となる働く場の創出にも力を注いできました。

しかしながら、今回のマチリクの話を伺ったとき、我々に盲点があったことを教えられました。それは、定着率の問題です。どんなに働く場があったとしても、どんなに採用活動が成功したとしても、安心して働き続けられる環境が整っていなければ若者が街に定着するはずがありません。現在の行政のやり方では一社一社と接点を持つのは難しく、「どんな企業がどんな課題を持っているのか」までの把握は困難です。そういう意味で言えば、今まで以上に行政は商工会議所と手を取合うべきだと思いますし、リクルートをはじめとした民間企業とともに“定着”に取組むべき時期が来たのではないでしょうか。

大切なのは、単なる働く場の紹介のみで終わらずに“安心して働ける企業”を増やし、さらに入社後の支援まで視野に入れること。地域ぐるみで気軽に相談できる横のつながりをつくる。街を上げて地方就職を応援している。地方企業の魅力を育んでいる。この活動そのものが強い意思表示となるはずですし、就職希望者の決断を支える安心材料のひとつとなるはずです。

地方企業の挑戦こそが、未来の松明になる

その一方で、採用する側である中小企業にも改革が必要です。大企業であれば労働環境や研修体制に関する“知恵と経験”を有しています。しかし、地方の中小企業においては、一社の力で就業規則や給料制度を整えるのは容易なことではありません。

今回のマチリクでは定着率に目を向け、経営者への研修、企業の垣根を越えた協力体制づくりにも力を入れています。さらに、新入社員の心のケアのことも忘れてはいない。各社の新人を集めて同期会を結成し、お互いに高め合い、支え合う環境も整えています。ぜひこの機会を活用して“若者に選ばれる企業”として大きな一歩を踏み出してほしいと思います。高卒採用の経験しかなかった企業が、大卒採用に本腰を入れるようになる。独自の経営を続けてきた企業が、他社と課題を共有して人事制度を改善するようになる。マチリク誕生の原点となった復興支援では、すでに数々の成功事例が生まれています。

都会の企業ではなく、地域の企業が選ばれる。それは決して、夢物語ではないのです。一社ではできないことも、地域で手を取合えば実現することができます。企業改革とは痛みがともなうもの。しかし、その殻を破る勇気はやがて、あなたの街の未来を灯す松明となるはずです。

三者が手を取合うことで、初めて見える景色がある

私がマチリクに期待することは、リクルートが培ってきた知恵を地方企業に伝授し、魅力的な労働環境、成長環境を整え、若者たちの想いに全力で応えていくこと。5年間、三陸地方の採用支援を行うなかでは様々な苦労があったことと思います。地域の中小企業とともに壁にぶつかり、議論を尽くし、自らを変化させることで、これまでにない地域創生のかたちを生み出してきたのではないでしょうか。

マチリクとは、単なる新しい商売ではありません。ここには地方企業が躍進していくための知恵が詰まっている。リクルートには、そのすべてを解放してほしい。日本全国に伝えてほしい。もちろん、我々としても民間企業一社にすべてを押しつけるつもりはありません。行政、企業、そしてマチリク。三者が手を取合って初めて見える景色があるはずです。

採用から定着へ。日本の新しい一歩を、私は激励したい。そしていつの日か、地域で生きることを選んだ若者が、胸を張って街を牽引していく姿を見てみたい。その街で伴侶に出会い、その街で子どもを育て、その街の未来をつくっていく。そんな光景に出会えることを心より願っています。

岡本 全勝

内閣官房参与
福島復興再生総局事務局長

東京大学卒業後、自治省入省。富山県総務部長、総務省交付税課長、内閣総理大臣秘書官、自治大学校長、東京大学大学院客員教授、復興庁事務次官などを経て現職。慶應義塾大学法学部講師も務める。