マチリクには、
日本のど真ん中に
挑んでほしい

小城 武彦

日本人材機構
代表取締役社長

どこで働くかではなく、どう生きるか

日本人材機構は、地域に根差した企業支援・産業支援に励んできました。地方創生の根っこにある問題は“賃金の低さ”。私たちは地域企業に経営幹部人材をご紹介することで、新しい付加価値を創出し、生産性と賃金上昇や雇用拡大の実現を目指しています。

これまでの経験から私が思うのは、「大都市や地方といったラベルで仕事を選ぶ時代は、もうとっくの昔に終わっているのではないか」ということ。首都圏の経営幹部人材が地域企業に転職するケースを何度も目にしてきましたし、そこに情熱を注ぎこめるような仕事、環境があるのであれば“場所”は大きな壁ではないのです。

どこで働くかよりも、どう生きるか。我々はSELF TURN(セルフターン)という言葉を使っているのですが、IターンやUターンなどのように“場所”を議論するのではなく、「あなたがなにを成し遂げたいのかを議論しよう」という姿勢で日々の業務に臨んでいます。ラベルではなく、生き方で仕事を選ぶ時代へ。今回のマチリクは地方就職の可能性を広げるものですし、地域企業を支援する私たちの同志とも言える存在。新卒採用という新しい息吹が、地域に活力を与えていく。そんな未来に、大いに期待しています。

地方こそがチャンス
そこには事業の原型がある

大都市圏の、大企業で働く。現代の就職活動では、この言葉に輝かしい未来を想像する人も少なくないことと思います。しかし、本当にそうなのでしょうか。

かつて、私も大阪のベンチャー企業で働いていましたが、「小さい組織だからこそ大きな経験ができる」と感じることも多かったですし、激しい環境でたくましく育っていく若者もたくさん見てきました。大企業はそのビジネススケールの大きさから、どうしても部署を専門化、細分化せざるを得ません。そして、企業の歯車となり事業の一部をかいつまんで経験してきた人材が、やがて経営陣として組織を運営することになります。全体観をもって企業を包括的に捉え、企業を「経営」していく実感を持たないまま、経営陣になってしまう人が実は少なくありません。

その一方、地域企業の大半は中小企業。大企業ほど環境が整備されていないものの、小さな企業だからこそ、消費者の生の声を拾い、事業を改善し、業績を伸ばし、地域を変えていくという確かな手応えを味わうことができます。このリアリティーこそが、事業の原型。「ビジネスを学びたい」という若者が、この事業の原型を体験する場として地域企業を利用しない手はない。地方就職こそがチャンス。私は、現代をそう捉えています。

大切なのは、突き抜けた成功事例を生みだすこと

時代に風穴をあける。マチリクにはぜひ、そのことを期待したい。これまでリクルートは絶えず人と仕事の出会いを生みだしてきました。社会課題に挑戦し、新しい時代をつくってきました。地方創生は、現代のど真ん中の課題と呼べるもの。日本は国土も狭く、天然資源も乏しい。最大の資源は「人」なのです。この人的資源を浪費している場合ではないのです。

マチリクには、まずは“突き抜けた成功事例”を生みだし、この国の現状に風穴をあけるような存在になってほしい。そして、そのノウハウを日本全国に広げていってほしいと考えています。

マチリクへの期待は大きいものの、最後にあえて苦言を申し上げるとしたら「すべての地域企業が素晴らしいとは言えない」ということ。今後、地域企業に飛び込む若者のためにも、ここは我々とリクルートが厳しい目でチェックしなければなりませんし、地域企業経営者と真正面から議論し環境を整えていく必要があります。新卒採用と、経営幹部人材採用。私たちが協力できることは、まだまだたくさんあるはずです。これからも共に、日本のど真ん中に挑戦していきましょう。

小城 武彦

日本人材機構
代表取締役社長

東京大学卒業後、通商産業省入省。カルチュア・コンビニエンス・クラブ常務、カネボウ代表執行役社長、丸善代表取締役社長などを経て現職。西武ホールディングスとミスミグループの社外取締役、金融庁参与も務める。