小豆島

マチぐるみで採用し、
人を育てる、
新しい採用活動のカタチ。

「マチリク」とは、“若者に期待する地域行政”と、“そのマチの企業”と“リクルートキャリア”がタッグを組んで、マチぐるみで人を採用し、イキイキと働けるように支援するプロジェクトです。

募集企業

代表者メッセージ

移住者は年間約350人
その数が、小豆島の魅力のあかし

丹生 兼宏さん

小豆郡雇用対策協議会 会長

小豆島は移住先として非常に人気が高く、年間約350人もの方が全国各地から来られるほどです。美しい海や山といった豊かな自然と、住むには便利な環境が両立しているのも、理由の一つでしょう。空気はおいしいし、すぐそばに海も山もある。漁業も農業もさかんなので、旬の食材が豊富にあり食の環境も豊かです。古い家々が軒を連ねる街並みや、棚田が広がる島の風景も美しいですよ。どこか懐かしい気持ちにさせてくれると、若い方からも人気です。

この地域で活躍する人

地域の魅力

瀬戸内海に浮かぶ人口約3万人の小豆島。海と山と温暖な気候がつくる穏やかな空気に魅了され、毎年多くの観光客や移住者が訪れています。 古くは弥生時代から塩がつくられ、皇室や神社などの塩荘園としても有名。長い歴史をもつこの島では、今でも村人による「農村歌舞伎」や美しい棚田など、古き良き日本の原風景が残っています。 一方でオリーブ収穫祭など新たな文化も次々と生まれ、古いものと新しいものが混ざり合う魅力あふれる島です。

多彩な産業が息づく地

ここ小豆島は、日本のオリーブ栽培発祥の地。化粧品などオリーブ関連の製品を作るほか、オリーブ公園などの観光スポットとしても人気。また伝統産業のひとつ、醤油醸造は今も木桶をつかった伝統製法を守り、全国的にも有名に。その他にもつくだ煮、ごま油、そうめん、観光産業など、多彩な産業が栄えています。

自然豊かな瀬戸内海の島

海岸を散歩したり、釣りをしたり、時には山へトレッキングに出かけたり。この島では、豊かな自然が暮らしの中に溶け込んでいます。海の幸や旬の野菜も豊富で、旬の食材の移り変わりで四季を感じられます。懐かしい里山の風景の中で自然な暮らしをするもよし、便利な港の近くに住むもよし、様々な暮らしが選択できるのもこの島の魅力です。

観光とアートによる求心力

古い歴史を持つ小豆島は、約300年続く農村歌舞伎や伝統行事が今でも大切に守られています。その一方で瀬戸内海の島々を舞台に開かれる、現代美術の国際芸術祭「瀬戸内国際芸術祭」にも参加。国内外から毎年100万人以上が訪れる観光地であるだけでなく、小豆島の雰囲気に魅了され、そのまま移住する人も後を絶ちません。

アクセス

電車

東京⇒JR岡山駅 新幹線約210分

名古屋⇒JR岡山駅 新幹線約95分

大阪⇒JR岡山駅 新幹線約50分

福岡⇒JR岡山駅 新幹線約100分

 

JR岡山駅から小豆島

JR岡山駅⇒新岡山港 バス約40分

新岡山港⇒小豆島  フェリー約70分

 

JR岡山駅から小豆島

JR岡山駅⇒JR高松駅 約60分

JR高松駅⇒高松港 徒歩約10分

高松港⇒小豆島 フェリー約60分/高速艇約35分

バス

東京⇒JR高松駅 約12時間

名古屋⇒JR高松駅 約7時間

大阪⇒JR高松駅 約4時間

福岡⇒JR高松駅 約10時間

 

JR高松駅から小豆島

JR高松駅⇒高松港 徒歩約10分

高松港⇒小豆島 フェリー約60分/高速艇約35分

飛行機

羽田空港⇒高松空港 約80分

 

高松空港から小豆島

高松空港⇒JR高松駅 バス約40分 

JR高松駅⇒高松港 徒歩約10分

高松港⇒小豆島 フェリー約60分/高速艇約35分